ブログ

2017/4/13腰痛が起こる5つのポイント【枚方市 腰痛専門整体院】

腰痛が起こる5つのポイント【枚方市 腰痛専門整体院】

今日は自分で腰痛を防ぐ方法をお伝えしていきたいと思います。

腰が痛くなりやすい方は生活の中で無意識のうちに腰に負担がかかる動作をしています。

普段知らず知らずにしてる動作をどのようなところから注意すればいいのかがわかれば腰が痛くなるのを予防したり防げることができますので読んでみてください‼︎

横座り


横座りとは正座から足を左か右に崩した座り方です。

このブログを読んでいてくれているあなたは気がついたら横座りになっていたりするクセはありませんか?

もしなっていたら左か右のどちらかの方が崩しやすい方があると思います。

無意識に崩しやすい同じ方向ばかりに足を倒してしまうので骨盤から身体がゆがみ、腰痛が起きやすくなってしまいます。

ですので横座りをしないようにすることで骨盤のゆがみ、腰の痛みを予防することが出来ます。

朝に目が覚めて起きる時


朝に起きる時に腰を痛める方がとても多いです‼︎

朝は体温も日中に比べると低く、筋肉もかたくなってしまっているのですぐに起きてしまうと腰に負担がかかってしまい痛めてしまいます。

なのでゆっくり起き上がるもしくは横向きになってから起き上がる、少し時間を置いてから起き上がるようにしてみてください。

朝の洗顔時


顔を洗おうとする時に急に腰が痛くなった経験はありませんか?

顔を洗う時に腰が痛いという方も多くおられます。

これは姿勢が原因になるのですが中腰の姿勢になると腰に負担がすごくかかります。

しかも朝は体温が低く身体の筋肉もかたくなっているので柔軟性がなく腰が痛くなってしまいます。

私も気をつけているのですが腰を曲げて中腰になるのではなく膝を曲げてから洗顔をしてみてください‼︎

膝を曲げると腰を曲げる角度が減るので負担が軽減しますのでぜひお試しください‼︎

子どもを抱っこする時や重たい荷物を持ち上げる時


これも先ほど伝えた中腰の姿勢になりますので不安定になって腰が痛めやすくなります。

先ほどの膝を曲げてしゃがんでから抱っこもしくは荷物を持ち上げることで中腰の角度が増えず、腰への負担が減るので予防することができます。

靴下、靴を履いたり脱いだりする時


これもさっきの中腰の姿勢が原因になります。

 あと立ったまま靴下や靴を履く場合は片足になるので不安定になり余計に腰に負担がかかってしまいます。

対策としては椅子などを用意して座ってから行うようにすると防ぐことが出来ます。

腰が痛くなってからでは普段から気をつけることが重要

毎日の動作や姿勢の積み重ねで身体の状態は左右されてしまいます。

本音を言うと治療院に頼らないとダメな場合もありますができれば頼ってほしくないのでできるところから意識をしてもらえると身体の健康は保ったりよくしていけることはありますのでぜひ活用してみてください‼︎

もし活用しても変化がなく楽にならない場合は相談にのりますので私、松田優一にご連絡ください‼︎

松田優作と一文字違いです。真剣に相談にのります。こちらからどうぞ

枚方市樟葉 おんわ整骨院では「姿勢分析」を行い
地域で唯一の「骨盤矯正専用ベッド」があります

 

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・坐骨神経痛

 ・椎間板ヘルニア

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・脊柱管狭窄症

 ・後縦靭帯骨化症

 ・慢性腰痛

 このような方々が多数来院しています。

当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・朝、靴下を履くときに腰から太ももの裏が痛い

 ・長い時間座っていられない

 ・移動中の電車がしんどい

 ・下に落ちた物を拾うときに腰が痛い

 ・1年に何回もぎっくり腰になる

 ・眠りが浅く、寝返りのときに痛みで目が覚める

 ・病院で手術が必要って言われたけど手術はしたくない

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、効かなくなってきた

 あっ!私に当てはまる・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「痛みから解放され笑顔が溢れる生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください‼︎

LINEから友達追加 → トークからでも大丈夫です!




枚方 樟葉にある整体 おんわ整骨院

住所
大阪府枚方市町楠葉1-30-5
休診日
水曜 日曜午後 祝日
受付時間
10:00〜19:00
電話番号
072-396-4230(※タップで電話がかけられます)
最寄駅
最寄駅:樟葉駅
当院は、枚方市、寝屋川市、守口市、門真市、大阪市、高槻市、茨木市、京都府八幡市、京田辺市などから多数の方にご来院頂いております。