ブログ

2017/5/10腰痛でレントゲンて意味ない【枚方市 腰痛専門整体院】

腰痛でレントゲンて意味ない【枚方市 腰痛専門整体院】

今回もレントゲンについてお伝えしたいとおもいます。

前回は「腰のレントゲンや画像診断を撮ることの放射線被爆のリスク」「日本ではすぐレントゲンをすすめてくる」この2点をお伝えしたかったのです。

事実な話をすると「腰痛と画像診断というのはあまり関係性がない」ということです。

腰痛の人にレントゲンは無意味?


医師の方が診断する目的では2つあって1つは危険な病気を除外するためでも1つは患者様を安心させるためです。

この目的を達成するために日本ではレントゲンや画像診断というのをとても重要な方法として使用しています。

しかし現状はこの画像診断の検査結果によって手術を連想させてしまったりして安心するどころか不安のほうが強くなってしまって

「自分が思ってたよりもこの腰痛はひどいんだ」

「この腰痛はもう一生治らないのではないか」

と考えてしまう状況になります。

診断結果がでたところで実はその画像診断と腰痛腰が痛いという症状に関しては関係性が認められてはいないんですね。

「レントゲン写真で確認できる背骨の異常所見は、必ずしも腰痛と関連しているとはいえず、そのほとんどは単なる生理的変化に過ぎない」

「健常人の椎間板を徹底的に調べたところ、椎間板の異常はごく一般的に見られるどころか、むしろ椎間板変性のある方が腰痛発症率が低い」

「脊柱管の狭さと症状の程度との間には相関関係がない」

と上記のような様々な研究結果ってのは証明されています。

腰痛=診断結果?


私が言いたいことっていうのは

「レントゲンや画像診断が原因で腰が痛いというのは断言できない」

ということです。

だから言われたとしても腰痛に対してあきらめることはしてほしくないんです。

以上のところからは診断を受けても

診断結果=腰痛

という考えは間違いが多いというところがわかってもらいたいところです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と言われたあなたへ

今まで病院に行く前から腰が痛い方は体にメッセージとしてサインが出ているはずなんです。

いきなり骨が変形したから腰が痛くなったとは事故や転倒したなど体に大きな力が加わらない限りありえないです。

腰痛は普段の生活での悪い癖や姿勢の崩れの影響を受けて負担が腰にかかって疲労が蓄積していくことで痛みが出ていることがほとんどです。

実際このような状況で病院に行っても骨には異常がでていないので何も対応ができないことが現状です。

整形外科に行っても腰に電気を当てたり腰を引っ張るという牽引をしたりてのがほとんどではないでしょうか。

今の自分の体に気づいてしっかりと自分の身体と向き合って自分のカラダに大事なものを投資できる方ってのは将来本当に手術が必要な腰痛になることでの防げるんではないかと私は考えています。

私はそのような方々の力になります。

枚方市樟葉 おんわ整骨院では「姿勢分析」を行い
地域で唯一の「骨盤矯正専用ベッド」があります

 

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・坐骨神経痛

 ・椎間板ヘルニア

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・脊柱管狭窄症

 ・後縦靭帯骨化症

 ・慢性腰痛

 このような方々が多数来院しています。

当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・朝、靴下を履くときに腰から太ももの裏が痛い

 ・長い時間座っていられない

 ・移動中の電車がしんどい

 ・下に落ちた物を拾うときに腰が痛い

 ・1年に何回もぎっくり腰になる

 ・眠りが浅く、寝返りのときに痛みで目が覚める

 ・病院で手術が必要って言われたけど手術はしたくない

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、効かなくなってきた

 あっ!私に当てはまる・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「痛みから解放され笑顔が溢れる生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください‼︎

LINEから友達追加 → トークからでも大丈夫です!




枚方 樟葉にある整体 おんわ整骨院

住所
大阪府枚方市町楠葉1-30-5
休診日
水曜 日曜午後 祝日
受付時間
10:00〜19:00
電話番号
072-396-4230(※タップで電話がかけられます)
最寄駅
最寄駅:樟葉駅
当院は、枚方市、寝屋川市、守口市、門真市、大阪市、高槻市、茨木市、京都府八幡市、京田辺市などから多数の方にご来院頂いております。