ブログ

2017/5/15足がしびれる女性のお話【枚方市神経痛専門の整体院】

足がしびれる女性のお話 【枚方市神経痛専門の整体院】


お尻から足の裏まで痛くてしびれてしまって、
買い物に行くことができず、家事もできない・・・

悩んでいたのは55歳の女性の方です。

足がしびれて、我慢の限界が・・・

腰が慢性的に痛くて、何とか我慢できる範囲で毎日を過ごしていたけど、
急に左側おしりの痛みが気になった・・・

「放っておけば楽になるやろう・・・」

だけど1週間ほど経過するとやわらぐどころか
お尻から足の裏まで痛みと痺れがとても強くなってしまって、
日常生活や食事の用意や掃除、洗濯物が干しにくくなるなどの
家事全般ができなくなってしまった。

そこで旦那に勧められて整形外科に行きました。

脊柱管狭窄症と診断されました

病院では

・歩いている途中で急に痛くなったり足にしびれが出てきて歩けなくなる

・座ったり前屈みで休むと楽になる

という症状があると脊柱管狭窄症の疑いがみられ、
画像診断のレントゲンやMRIで確かめてから診断名が決まることが多いようです。

脊柱管狭窄症は原因によっては手術を勧められて
その方法しかないこともありますが手術以外の方法で改善する方法はないのか?

その方法もあとでお伝えしていきますね‼︎

足がしびれて辛い55歳の女性の方の詳しい症状や悩みは

・足がしびれて立っているのがつらい

・痛くて歩くことができない。

・手術は絶対にしたくない

その病院では、ロキソニンや血液の流れを良くする薬を出されていましたが
薬に頼りたくないので飲みませんでした。

そんな時にネットでおんわ整骨院を見つけ来院されました。

脊柱管狭窄症と診断されたけど

来院から最初の2週間で30から40分ぐらいは歩くことができるようになり
約3週間ほどで家事が再開できるようになってきました。

まず私が着目したのは腰ではなく骨盤と股関節の下半身です。

おんわ整骨院ではまず最初に姿勢の写真を撮るのですがとても体が歪んでいて、
腰に負担のかかるような骨盤の傾きやゆがみになっていました。

このような状態になると骨盤の上にのっている背骨までも
まっすぐになれないのはイメージできますでしょうか?

緊張感狭窄症と聞くと腰がわるいとのイメージがあるのですが
原因を探しだして何を改善させないといけないのか?

腰が痛いのにそこはあまり触らなくていいのかなどおもわれないように納得してもらい
信頼関係ができたからこその結果だったと思っています。

足のしびれがある脊柱管狭窄症を改善させる2つの方法

この女性の方に伝えた生活の中で意識をしてもらう方法をシェアしていきます。

歩けるだけでいいので歩く、動けるだけでいいので動く

足がしびれたに腰が痛くてつらいのはとてもわかりますが
動かないとどんどん悪化していくことがほとんでです。

10秒でもいいです‼︎30秒でもいいです‼︎

すぐ休んでもいいです‼︎

情報にもなりますのでどんどん動いてください‼︎

腰をそらせすぎない

普段から腰をそって生活をしてしまうことがほとんどなので
とても難しいのですが気をつけてほしいところです。

とても参考になるサイトを載せておきます‼︎

正しい姿勢

足がしびれて脊柱管狭窄症と診断されたあなたへのまとめ

・脊柱管狭窄症と診断され病名をつけられても原因は他のところにあるはず

・脊柱管狭窄症と病院で診断されても、手術以外の方法で改善ができる

・自分でケアができる方法は2つあって、
1つはなるべく動いたり歩く。もう一つは腰を反らない

・あなたのためにがいる

枚方市 おんわ整骨院は
足のしびれでお悩みの人のための神経痛専門院です


 そのため他の病院に行ったけど、どうにもならなかった多くの患者様に支持されています。



是非一度当院のホームページを覗いてみてください‼︎



【追伸】         

こんな事で悩んでいませんか?
   
・手術をするのは絶対に嫌だ・・・
・注射や薬には頼りたくない
・良くなる気配がない・・・
・一生この痛みとしびれが続いたら・・・と不安

など
      
下記からLINEに登録して頂くと改善するための
セルフケアなどの情報をこっそり配信しています!
    
さらに、感謝無料プレゼントがあります。
    
  
スマホからはこちらをクリック
    
スマホ以外の方は
「@knn5358i」をID検索-!(@をお忘れなく!)



枚方 樟葉にある整体 おんわ整骨院

住所
大阪府枚方市町楠葉1-30-5
休診日
水曜 日曜午後 祝日
受付時間
10:00〜19:00
電話番号
072-396-4230(※タップで電話がかけられます)
最寄駅
最寄駅:樟葉駅
当院は、枚方市、寝屋川市、守口市、門真市、大阪市、高槻市、茨木市、京都府八幡市、京田辺市などから多数の方にご来院頂いております。